シミウス|ビフォーアフター

シミウスビフォーアフター

\期間限定20%OFF/

返金保証付き


シミウス公式サイトはこちら

http://www.mebiusseiyaku.co.jp/


ほうれい線は太るとできる?痩せるとできる?

一般的に、痩せている人の方がほうれい線が目立つというイメージがあり、実際太ったらほうれい線が目立たなくなったという方もいらっしゃるのは事実です。

 

確かに太っている人の方が肌が内側から引き伸ばされて張っている状態ですから、その力によってシワ部分が目立たなくなっているというわけです。

 

それでは、ほうれい線対策として太れば良いのかというと、ちょっとそれは危険。

 

「太る」と「痩せる」と「ほうれい線」の関係を明らかにしていきましょう。

 

 

【太ったらほうれい線が消えた】

確かに一時的にはあり得ることです。

 

しかし年齢とともに表情筋は衰えますから、?についた皮下脂肪を支え続けることができなくなり、ほうれい線が余計深くなってしまう危険要因。

 

「増えた肉が一気にたるむ」と考えてください。恐ろしい現象ですよね。

 

 

 

 

【顔の肉だけ増やしたい?】

ほうれい線対策として太ることを選ぶ女性がどれくらいいらっしゃるかは謎ですが、仮にその選択をしたとしても、うまく顔の肉だけ増やすことは可能でしょうか?

 

これはなかなか難しいと言わざるを得ません。人にもよりますが、顔より先にお腹や下半身などの不要な箇所に脂肪がついてしまうことが多いでしょう。

 

あまりオススメできません。

 

 

 

 

【太ったり痩せたり】

太ったり痩せたりを繰り返す、万年ダイエッターも危険です。

 

顔の皮下脂肪が増えたり減ったりすることで、表面の皮膚も伸びたりたるんだりを繰り返すため、肌に弾力が無くなってしまい、ほうれい線問題を深刻化させます。

 

健康にも良くありませんから、ダイエットとリバウンドを繰り返すのはやめましょう。

 

 

 

 

【浮腫みにも注意を】

皮下脂肪の問題に隠れてしまいがちですが、むくみにも注意を払いましょう。

 

体重増減の裏では、水分代謝リズムが崩れていることもしばしば。

 

むくみは老廃物が正常に代謝されていないことを示す危険信号で、ほうれい線と闘う女性にとっては大至急撲滅しなければならない大敵なのです。

 

むくみによる老廃物の滞留は、ほうれい線だけでなく、吹出物、目の周りのクマやたるみ、大顔の原因にもなるというスゴい悪魔っぷり。

 

マッサージや充分な水分補給を心がけて撃退しましょう。

 

 

 

 

【痩せたらどうなる】

もともと太っている人が痩せるとどうなるのか。これはもうご想像の範囲かもしれませんが、急なダイエットの場合、一気に皮膚がたるんでほうれい線がクッキリ出てしまいます。特に30代に入ってからの急なダイエットは本当に色々な意味で危険ですから、健康的な食生活と適度な運動を取り入れて、少しずつ体重を落とすようにしてください。

 

 

 

 

【まとめ】

もうお分りでしょう。つまりほうれい線は、太ったらできるとか、痩せたらできるとかいう単純な問題ではないのです。

 

ほうれい線のそもそもの原因は表情筋の衰えや乾燥などが主ですから、急激な体重変化を避けながら、表情筋トレーニングと保湿を頑張ることで緩和できるのだということを覚えておきましょう。

 

30歳を過ぎたら、ダイエットもスキンケアも我流では通用しなくなる。厳しいようですが、これが現実です。

 

私は
・シミ
・しわ、たるみ
・ほうれい線
・美白効果

 

この全てをシミウス一つで解決しました!

☆私の愛用オールインワン☆