シミウス|ビフォーアフター

シミウスビフォーアフター

\期間限定20%OFF/

返金保証付き


シミウス公式サイトはこちら

http://www.mebiusseiyaku.co.jp/


40代ママのスキンケア!美魔女になるためのケア方法とは?

晩婚化に伴って、妊娠・出産が40歳前後になる女性が多い昨今。

 

40歳といえば大きなお肌の曲がり角なのに、妊娠や出産でホルモンバランスが乱れたり、子育てに追われてスキンケアが満足にできなかったり、さらには出産を機に肌質が変わってしまったりと、越えるべき壁も多いのが現実ですよね。

 

でも、ここでオンナを諦めるか、一踏ん張りして美魔女への道を進むかで、今後の10年、20年が変わってきます。

 

40代で子育て真っ最中のママでも実践できる5項目集中美魔女講座、始めましょう。

 

 

この5項目に徹して下さい!

 

 

美ママになるべきスキンケア5ポイント

40代のスキンケア●保湿

全てのスキンケアの基本となる保湿。

 

細胞を水分で満たし膨らませることで、シワ、タルミ、開いた毛穴、シミなどの老化サインを撃退するベースができあがります。

 

化粧水をたっぷり含ませたコットンでパッティングし、その後ハンドプレスしましょう。

 

手の温もりで有効成分が肌の奥まで届けられます。

 

化粧水がしっかり入ったら、乳液でフタをします。これも適量をしっかりハンドプレスで押し込み、肌表面に皮脂膜を作るイメージで。

 

これでも潤い不足を感じる場合クリームを重ねましょう。

 

 

 

40代のスキンケア●UV対策

知らない人はいないと言えるほど、現代女性には浸透しているUV対策の必要性ですが、意外と正しいケアができていない人も多いんです。ウッカリ紫外線を浴びてしまうとシミソバカスやシワの原因になり、どんどん老け込みますから要注意。

 

まず日焼け止めを塗るタイミングに注意してください。

 

出かける直前だとUV防止成分が肌に浸透しきらないうちに日光を浴びてしまうことになり、意味を成さないのです。

 

少なくともお出かけの30分間前には日焼け止めを塗り終えておくよう心がけましょう。

 

特に小さい子供がいると、思いがけないタイミングで公園に行くことになったり、外で足止めを食ったりすることも。

 

朝のスキンケアの時に、同時にUV対策も済ませてしまうのが賢明です。

 

 

 

40代のスキンケア●マッサージ

40代にもなると、顔に溜まった老廃物がドンヨリした印象を作ってしまい、目の下にクマだかタルミだかムクミだか?正体不明のふくらみが居座ったりします。また顔の輪郭もぼやけてきて大顔になったり、ウッカリすると?もハリを失ってブルドッグ顔に。

 

これら恐怖の現象たちは、マッサージで撃退しましょうね。

 

リンパの流れに沿って優しくマッサージして最後は鎖骨まで流すことと、頭皮もほぐして顔色を明るく保ちましょう。

 

若々しい顔を保つためのマッサージやエクササイズは動画などでチェックできますよ。

 

 

 

 

40代のスキンケア●洗顔方法

メイク落としの際、温水で10回、その後冷水で10回すすぎましょう。メイク汚れや皮脂汚れが残ると毛穴トラブルを引き起こします。

 

この洗顔方法なら特別なテクニックもお金も必要なく、肌をすっきりリセットできます。

 

次に始める基礎化粧品の浸透を妨げないよう、しっかり落とすことを心がけましょう。

 

もちろん水分を拭き取る時は、こすらずに。

 

清潔なタオルで優しくおさえ、タオルに水分を吸収させる要領で。

 

 

 

40代のスキンケア●パーツケア

40代ともなると、単に基礎化粧品をラインナップ通りに乗せて終わりでは、色々と間に合わなくなってきます。

 

特に老化サインが出やすい目元と口元は、パーツ別のケアが必要です。

 

目元にはアイクリームを足したり、口元はエクササイズや美顔器で?から鍛えるなど、キリッとした印象をキープする努力を始めましょう。

 

また、頬の毛穴が開いたり繋がったりして気になるという場合、これもスペシャルケアが必要ですね。オイル美容で毛穴そのものを小さくしたり、タルミ改善によって繋がった毛穴を元に戻したりという努力が必要です。

 

 

以上の5項目を、肌にあった化粧品とケア方法で実践すれば、40代ママには充分なベーシックスキンケアとなります。

 

あとはご自分のお守りコスメやご褒美アイテムなどを組み合わせて、年齢不詳の美魔女ママになっちゃいましょう。

☆私の愛用オールインワン☆